クラウドファンディングをやってみることにした① とりあえず宣言。

「書く×語る×会計」というテーマで仕事を続けていますが、
実はずっとやりたいと思っているのは子ども向けの人材育成事業です。

前職を退職したときも「子ども向けビジネススクール」という構想を持っていましたが、
マネタイズ(お金をもらうこと)のプランニングがうまくいかず、
いったんは企業・社会人向けの研修をメインコンテンツにしつつ、
少しずつ子ども向け、学校向けの仕事を広げながら活動を続けて、もうすぐ2年になろうとしています。

色々な方に自分の夢を語っては、
「共感します!頑張ってください」といってもらったり、
逆に「それってどうやってキャッシュに変えるの?」と厳しい指摘をいただいたり。

それでも、ともかく自分の夢をあちこちで話すことで、
何かが少しずつ前に進むのだ・・・と信じつづけた2年間でもあります。

 

・・・そろそろ、夢に道筋をつけたい。

そう思って、このたびクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げることにしました。

子どもたちのために物語形式の「お金の教科書」を作りたい!

 

まだ、プロジェクトページはオープンしていませんが、
少しずつ準備段階から発信を続けていこうと思っています。

今回は「①とりあえず宣言」ということで、今後少しずつ
「なぜ子ども向け事業なのか」「なぜクラウドファンディングなのか」
色々なことを話したいと思います。