相手のミスに、目くじらを立てない。たとえセンター試験が相手でも。

今年もありましたね。たくさんのセンター試験の「ミス」が。

  • センター試験で監督者が終了時間を間違るなど2件のミス 89人に影響
  • 【センター試験2018】2日目(1/14)理科2「化学」で問題訂正
  • 「ムーミン」出題、ネットで反響

(トラブルの詳細をここで明かしたいわけではないのでリンクは割愛しました)

「主催者としては」確かに万全に万全を期して、完璧な運営を心がけるのは当然だし、トラブルの発生を反省材料にしてもらう必要はあると思っています。

その上で、「受験生」と「その関係者」の皆さんに、敢えて言いたい。

いちいち目くじらをたてるな、と。

せっかくなので社会人の皆様も「センター試験」と言う言葉を何かに置き換えつつ読んでいただけたらと思います。

理由は3つあります。

理由1:仮に、今報じたようなミスが全くなかったとしても、試験が全く平等でフェアに行われることなど、あり得ない。

公認会計士の試験を受けていた頃、東京に住んでいるのに、わざわざ「東北」や「沖縄」で受験をする人が若干名いました。なぜかと言うと・・・
・沖縄の会場はエアコンがきいているから
(今はどうかわかりませんが、確か短答式の試験中、東京会場はエアコンをかけてませんでした)
・東北の会場は机が大きくて試験を受けやすいから
(東京だと某私大の大教室を使うので、ものすごく机のスペースが狭かったのは確かです)

公認会計士の試験であれば、交通費や宿泊費さえかけるのを厭わなければ、有利な会場を選べるわけで、まだフェアと言えます(最も、そう言うお金をかけられない境遇の人も多いはずですが)。

でもセンター試験の会場は出願してから知らされますもんね。フェアじゃない。でも、そもそも、どの会場がラッキーで、どの会場がアンラッキーかは、その日の交通事情や天候や、隣の席の受験生の体臭や・・・あらゆる要素で変動しますよね?

だから、と言って全員を同じ会場に集めようとしたら今度は移動時間の面で不公平になります。・・・よし、じゃあオンライン受験にしよう、と言うことになったら今度は「僕の家は自分専用の部屋がないんですけど」「うちのPCは画素数が・・・」みたいな話になる。

わかりますか?

試験に完全なるフェアなどないんです。
だったら、そう言うアンフェアさや、起こるであろうトラブルの分を見越して準備するしかないのです。

理由2:センター試験なんてものは、今後の人生を、あなたの思っているほどは左右しない。

たとえば、この試験の出来栄え次第で生涯年収が数倍も変わり、しかもそれを逆転するチャンスが一生訪れないなら、再試験を求めて訴訟を起こすのも一案です。

が、そんなことは全くないでしょう。

生涯年収と学歴の相関関係は年々緩くなっています(統計がそろっているわけではないですが、それが大方の見解でしょう)。しかもそれは「サラリーマン」の場合に限る。起業なんか考えた日には、センターでトラブルに見舞われたのを機に会社でもおこした方が稼げる可能性さえあります。

自分自身の例をとって言えば、
・大学受験で第一志望を逃して私大に入学し、
・学費のためにアルバイト等をしたら授業にいかなくなり一度留年してしまい、
・慌てて資格取得を目指すもモチベーションが上がらず、卒業後1年間無職生活を余儀なくされた
・・・のだけど、これらについて「そんなことしなければよかったのに!」とか「時間を戻してやり直したい!」とか、思ったことは一度たりともない。

18歳の時にしでかす失敗なんて、全然大したことないんです。それが自分以外の誰かのせいだとしても。

理由3:環境に文句を言う奴に、ろくなのはいない。

ただのお説教になりますが、そう言うことです。
「チキショー何がムーミンだよ、あんなの習ってねえよ」と文句を言う人と、
「意味不明な問題だけど、皆もどうせ解けないなら平均点その分下がるし、まあいいか」と思える人と、
どっちと仕事したいですか?どっちと友達になりたいですか?

マスコミに代わりに文句を言ってもらえているんだから、それでいいでしょう。

理由2のことを一旦忘れて、センター試験が人生を左右する大事な場面なのだとしても、「そう言うときこそ」周りのせいにせず、自分の実力を淡々と発揮することが、一番大事なことです。

 

・・・とは言え。
今まで一生懸命頑張って来た受験生の皆さんに、きっと幸があることを信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です